このページは次のURLに移転しました。

切り替わらない場合は,以下のリンクをクリックして下さい。

https://warmbreeze.jp/aor/

再発・新譜情報このサイトについて

AORの名盤 330選

HOME > 1974年~1976年の名盤   次へ »

注目コンテンツ

AORの名盤 330選 (1974年~1976年)

スポンサード リンク

AORの名盤を年代順に紹介

このサイトは、AORを代表する約290のアーティストの名盤 約330タイトルを年代順に紹介します。 紹介する名盤は、AORのディスク・ガイド『AOR Light Mellow Remaster Plus』(金澤寿和氏)に掲載の作品です。

このページでは、1974年~1976年の28作品を紹介します。 メジャー・アーティストに関して複数作品を紹介する場合は、最初の作品を●で、それ以外を○で区別します。

全作品のCDを購入できるように、Amazonの商品ページへのリンクを掲載しました。 デジタル・ミュージック・ストアへのリンクは、▶MP3と表記しています。 また、廃盤や未CD化のため入手困難な作品については、その旨を表示しました。

AORというジャンル

AORとは、Adult-oriented Rockの頭文字をとったものです。
「大人向けのロック」とでも言いましょうか…
「大人向け」とは何かを言い表すのは難しいですが、「大人でも聴ける」という意味と、「大人になったからこそ良さが分かる」という2面があります。

明確なジャンルの定義は難しいですが、代表的なアーティストは、TOTO、Steely Dan、Christopher Cross、Boz Scaggs、Bobby Caldwell、Michael Franksなど。 米国では、このジャンルはAdult Contemporary (AC)と呼ばれています。

サウンド的には「爽やか」、「クール」、「メロウ」、「ビター・スウィート」といった表現が相応しく、凝った音作り(サウンド指向)の作品が多い点が特徴です。

AORは日本や韓国では大変人気が高く、名盤のリイシューも頻繁に行われています。

AORの名盤 (1974年)

2作品の紹介です。Nick DeCaroの『Italian Graffiti』は、"AORの誕生に大きく寄与した記念碑的作品"と言われています。


●001: Nick DeCaro / Italian Graffiti

●002: Randy Edelman / Prime Cuts

※ソニー・ミュージックの「AOR CITY 1000」シリーズから2017年8月2日に、1977年作『』と1979年作『』のCDが再発されます。


作品レビュー 作品レビュー

AORの名盤 (1975年)

5作品の紹介です。『Brownsmith』を除き、Amazonで購入可能です。


●003: Paul Simon / Still Crazy After All These Years (時の流れに) 

※ソニー・ミュージックの「AOR CITY 1000」シリーズから2017年8月2日にCDが再発されます。 1980年作『』のCDも同時に再発です。

●004: Daryl Hall & John Oates / Daryl Hall & John Oates (サラ・スマイル)

●005: Dave Mason / Split Coconut

※Beat Goes Onレーベルから2008年に、1974年作『Dave Mason』との2 in 1のCDが発売されています。また、ソニー・ミュージックの「AOR CITY 1000」シリーズから2017年8月23日に、1977年作『』と1980年作『』のCDが再発されます。

●006: Hirth Martinez / Hirth From Earth 

※2015年9月にはワーナーの『』も発売されています。

●007: Brownsmith / Brownsmith (現在入手困難)



作品レビュー 作品レビュー 作品レビュー 作品レビュー

スポンサード リンク

AORの名盤 (1976年)

21作品の紹介です。 『Silk Degrees』、『Hard Candy』、『Breezin'』などの名盤が生まれた年です。 一部、入手困難な作品があります。


●008: Boz Scaggs / Silk Degrees

○009: Boz Scaggs / Down Two Then Left (1977年)

○010: Boz Scaggs / Middle Man (1980年)

※『Silk Degrees』の発売40周年を記念したソニー・ミュージックの「AOR CITY 1000」シリーズから2016年7月に、これら3タイトルのCDが再発されました。 同じシリーズから2017年8月23日に、88年作『』のCDが再発されます。 また、5CDのBOXセット『』もお薦めです。

●011: Ned Doheny / Hard Candy

○012: Ned Doheny / Life After Romance (1988年)

※ソニー・ミュージックの「AOR CITY 1000」シリーズから2016年7月に『Hard Candy』のCDが再発されました。 同じシリーズから2017年8月2日に、1979年作『』のCDが再発されます。


作品レビュー 作品レビュー 作品レビュー 作品レビュー 作品レビュー

●013: John Valenti / Anything You Want (永遠の誓い)

○014: John Valenti / I Won't Change (女はドラマティック) (1981年)

※ソニー・ミュージックの「AOR CITY 1000」シリーズから2016年8月に『I Won't Change / 女はドラマティック』のCDが再発されました。

●015: George Benson / Breezin' 

※本作に加えて『Weekend In La』(1978年作)や『Give Me The Night』(1980年作)などの5作品を収めたBOXセット『』もあります。

●016: Jaye P. Morgan / Jaye P. Morgan 

●017: Gino Cunico / Gino Cunico

※ソニー・ミュージックの「AOR CITY 1000」シリーズから2017年8月2日にCDが再発されます。


作品レビュー 作品レビュー 作品レビュー 作品レビュー 作品レビュー

●018: Faragher Brothers / Faragher Brothers

●019: David Batteau / Happy In Hollywood

●020: Turley Richards / West Virginia Superstar

●021: Rob Galbraith / Throw Me A Bone

●022: Voudouris & Kahne / Street Player (現在入手困難)

●023: Silver / Silver (シルヴァー・ファースト)

※ソニー・ミュージックの「AOR CITY 1000」シリーズから2016年7月にCDが再発されました。


作品レビュー 作品レビュー 作品レビュー 作品レビュー 作品レビュー

●024: Cate Brothers / In One Eye And Out The Other (兄弟の絆)

●025: Parker McGee / Parker McGee

※ワーナーの「新・名盤探険隊」シリーズから2014年5月にCDが再発されました。

●026: Richard Kerr / Richard Kerr (現在入手困難)

●027: Jimmie Spheeris / Ports Of The Heart

※ソニー・ミュージックの「AOR CITY 1000」シリーズから2017年8月2日にCDが再発されます。

●028: Kalapana / Kalapana II (ワイキキの熱い砂)

※2013年4月にSOLIDレーベルから、Original recording remasteredで再発されました。 同時に、デビューから1981年までの9作品も発売されています。金澤寿和氏監修です。


作品レビュー 作品レビュー 作品レビュー 作品レビュー
スポンサード リンク


AORの名盤 330選 1974年~1976年の名盤

Copyright © * Warm Breeze * All rights reserved